通販事業で失敗しないためには物流が重要って本当なの?


通販では配送手段の手配が成功につながる

ECサイトを構築して通販事業をおこなう企業も増え、個人でもネットショップ経営をするケースが多くなりました。ただ、通販事業で失敗している事例もよく見られています。もともと売れている商品をECサイトで販売し始めたというケースでも、最初のうちに少し売れただけで瞬く間に売り上げが低迷してしまっている場合があります。このような問題が起こる原因としてよく知られているのが配送手段の手配が完璧ではなかったことです。通販では物流のあり方が店頭販売とは異なるので注意しなければなりません。この事実を念頭に置いて対策をしていたかどうかが成功の可否を分けています。配送手段を手配するとはどういう意味なのでしょうか。

配送手段の手配とは何か

通販事業では注文された商品を配送しなければなりません。注文を受けて支払いをしてもらったらその場で商品を持って帰ってもらえる店頭販売とは違うのが配送を必要とする点です。多くの利用者はすぐに欲しいと思って商品を注文しています。そのため、注文を受けて決済の確認が取れたら速やかに発送し、利用者の手元に届くようにするのが肝心です。通販事業を始めるときにはこのフローを明確にして、業務マニュアルを作成しておくのが重要になります。また、必要に応じて物流業者と提携して速やかに配送できる準備を整えておくと安心でしょう。このように注文から配送までの流れを決めて、どのように配送を業者に依頼すれば良いかを明らかにするのが重要です。

通販物流はいかに不在配達を避けるかが重要です。置き配システムを導入したりコンビニ受け取りの普及が進められています。