自分の希望に合った貸し倉庫を選ぶならここに目を向けよう!


同じ倉庫を長く使いたい人は割引制度の有無をチェック

貸し倉庫は、自宅に衣類や家電の収納スペースが確保できない人や、ネットショップを経営している人など多くの人から関心が集まっています。そうした中、同じ倉庫をなるべく長く使いたい場合には、毎月の費用の負担を軽くするため、割引制度がある倉庫を優先的に選ぶのがおすすめです。貸し倉庫の運営会社の中には、半年単位や一年単位で長期割引の制度を設けているところや、契約更新後の基本料金が安くなるところもあるため、契約前に時間を掛けて会社ごとの料金システムを確認しましょう。また、新しく貸し倉庫の契約をする場合には、通常よりもリーズナブルな料金が適用されるケースもあるため、色々な会社の資料に目を通して新規顧客への対応の良し悪しについても調べておきましょう。

大事なものを収納するときには防犯面に気を遣おう

貸し倉庫に一時的に使わなくなった貴金属類や大型の家具などの高価なアイテムを収納したい場合は、料金やスペースの広さばかりでなく、防犯面についてもきちんと確認する必要があります。一般的に、道路に面した屋外型の貸倉庫については、比較的リーズナブルな料金で契約できるものの、人の出入りが多いこともあり、セキュリティが不十分なところが少なくありません。最近では、こうした問題を解消するため、都市部を中心に警備会社と提携をしてセキュリティを強化している屋内型の貸し倉庫の数が増えています。そのため、経済的に余裕がある人は、大手の運営会社が運営するセキュリティに定評がある屋内型の貸倉庫をメインに探すのがおすすめです。

3PL(サードパーティー・ロジスティクス)とは、荷物の送り主である企業が自ら物流部門を担ったり、この部門を外部(運送会社等)に部分委託するのではなく、完全な第3者がこの部門を総合的に請け負うシステムです。