ここに気を付けよう!?電気製品の発注の際の注意点


発注で好きな電気製品を

電気製品を制作するメーカーの中には、市販の電気製品以外にも、個人的に発注を受け付けていることがあります。電気製品を発注すれば、好きな機能がついた、好みのデザインの電気製品を手に入れることができます。どこまでも自由というわけではないので、メーカーにあらかじめ確認するとよいでしょう。

予算はあらかじめ決めよう

電気製品を発注する際の注意点のひとつが、あらかじめ予算を決めておくということです。発注できて、好きな電気製品を手に入れることができるとなると、あれもこれもと注文を付けてしまい、最終的にかなりの費用を掛けてしまったということになりかねません。無駄に予算をかけてしまわないように、あらかじめ予算を決めておくと納得のいく発注となるでしょう。

必要となる機能を絞りこむ

好きな機能を取り付けることができるとなると、どんどん機能を追加したくなりますが、それでは費用ばかりがかさんでしまいます。そのような事態にならないために、必要となる機能は何かを普段の生活から把握しておくことが重要です。使わない機能を便利そうだからと追加することを避けることができます。また、優先順位をはっきりさせておけば、予算オーバーの際にもすぐに対応できます。

搬入できるサイズを確認

発注で忘れがちなことがサイズです。電気製品は家に入らなければ無用の長物となってしまうことが多いです。自作できるとなると、機能やデザインにばかり目が行きがちですが、サイズをしっかりと計測しなければ、部屋の中に入らないといったことになりかねません。窓やドアのサイズを計測して、搬入できるサイズを確認しておくとよいでしょう。

プリント基板実装の過程では外観検査を行います。目視で外観を検査する手法もありますが、近年はプリント基板が高密度化している影響を受けて、専用の機械で外観を検査する手法が多いです。