足りない営業スキルを補ってくれる営業代行サービス


営業代行を利用するメリット

営業代行サービスは、営業を外注するサービスです。営業を効率的に行うためにはノウハウが不可欠ですが、ノウハウがなくうまくいかないという経営者も多いでしょう。また、営業担当者を配置するためには人を雇わなければならず、さらに育成も必要になるので抱えるのはコストがかかります。営業代行はこうしたデメリットを解消してくれる存在です。営業を代行することを専門としているので、ノウハウは当然保有しています。人材の育成は代行業者が行っていて、利用する場合も人を雇うのと比べてコストを抑えることが可能です。長期的に見れば自社で育成した方が良い場合もありますが、ゼロからのスタートだと時間がかかります。その点、営業代行なら即戦力となってくれます。

営業代行を利用する流れについて

営業代行の契約をすると、きちんと結果が出せるように最初に分析を行います。これは、担当者と打ち合わせを行い、売り上げ目標や現在足りていない部分の改善などを明らかにしていく作業です。課題が明らかとなれば、それに対してどのように営業をかけていけばよいか、配置するスタッフを誰にするのかなどを決めていきます。こうした用意周到な作業があるので、営業代行は成果を上げやすいわけです。打ち合わせを通して営業のノウハウを学んでいくことも可能なので、将来的に自社で人材を育てる際にも活用できます。したがって、せっかく営業代行を利用するのであればお金を無駄にしないように、丸投げをするのではなく自分たちも学んでいく姿勢も大切です。

営業代行は企業に代わり営業活動を実施し、商品やサービスを販売します。代行の料金体系は主に、固定報酬型と成果報酬型に分けられます。