土地活用に太陽光発電?メリットとデメリットを考えよう!


土地活用に太陽光発電を使うメリット

土地はただ持っていても固定資産税がかかってしまうので、うまく運用することが重要です。マンションを建てて賃貸経営をしたり、土地そのものを貸したりして運用する方法はよく選ばれています。しかし、土地活用では太陽光発電を使うことも可能です。太陽光発電を選ぶメリットは比較的安定した収益を得られることです。太陽光発電によって生まれた電力は買い取ってもらえる仕組みになっていて、固定価格買取制度が長期的に適用されます。賃貸経営のように集客のための努力をしたり、空室を埋めるためにリフォームを実施したりする必要がないのは大きなメリットです。メンテナンスは必要になりますが、頻繁に行わなくても安定して電力を生み出してくれます。

太陽光発電で土地活用をするデメリット

太陽光発電によって土地活用をするとデメリットも二つあります。一つは面積あたりの利益額があまり大きくならないことです。マンションやオフィスビルなどの経営をすると家賃収入がかなり大きな金額になります。太陽光発電ではシステムの設置費用や固定資産税をまかなうことくらいはできる場合が多いですが、大きな資産を形成することにはつながりません。手間がかからない分だけ利益率が低いと言わざるを得ないでしょう。もう一つのデメリットは周辺環境の変化や災害によって発電ができなくなるリスクがあることです。土地活用のために初期投資をしたにもかかわらず、取り返せなくなってしまうこともあり得るので注意しなければならないでしょう。

太陽光発電の価格は太陽光の発電システムの導入時にかかるコストに該当します。発電パネルの種類によって、価格にバラツキがあります。